探偵小説の歴史の中でたぶん日本で一番有名で好感を持たれている探偵

エンターテインメントの要素が一杯詰まった娯楽小説の大部分を占めるのがミステリーであり、その推理小説の中でも事件の解決に向けて探偵が活躍するという内容が特徴の探偵小説は今から百年以上前に初めて世に現れたものです。

その頃からこのジャンルは多大な人気を得て、今日まで幅広い探偵のバリエーションが生まれて読者を楽しませて続けています。

その探偵小説の系譜として有名なものをあげていけば、エドガー・アラン・ポーの「モルグ街の殺人」に登場したオーギュスト・デュパンを創始として、コナン・ドイルのシャーロック・ホームズ、アガサ・クリスティーのエルキュール・ポアロやミス・マープル、チェスタトンのブラウン神父、アメリカのハードボイルドでダシール・ハメットのサム・スペード、レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウなどなど、枚挙に暇がないほどです。

日本では、江戸川乱歩の明智小五郎、横溝正史の金田一耕介が有名です。現在活躍中の作家の作品なら、赤川次郎の四姉妹探偵団や内田康夫の浅見光彦も含まれるでしょう。活字だけでなく、日本で独自に発展してきたマンガにおいても、「金田一少年の事件簿」、「名探偵コナン」という本格的なミステリーマンガがあります。

どれもシリーズとしていくつもの作品があり、これらの原作を元にドラマ化や映画化などの映像化をされていて、小説とは違う楽しみ方もできるようになっています。

現実とは異なる探偵の仕事内容

リアルな探偵像としては探偵事務所にいて、素行調査や浮気調査、尾行調査や不倫調査、そして携帯電話調査まで行うのが現代的なのでしょうけど、日本の探偵小説では殺人がらみの謎を解き明かすことに特化して描いているのが特徴です。

ベストセラー作家の東野圭吾のガリレオシリーズは物理学専攻の大学准教授、湯川学が探偵として活躍するシリーズです。

大学生の頃の同級生で刑事をしている友人の草薙からの依頼によって、事件解決に協力するというのが主なパターンです。

初期の「探偵ガリレオ」「予知夢」の二冊は短編集です。犯人の一見、オカルト的な超常現象とも思われるトリックに、湯川学が化学的なアプローチをすることによって仕掛けられた謎を解き明かし、犯人を特定します。原作者の東野圭吾は、元々電機製品メーカーの社員でした。江戸川乱歩を受賞したことで専業作家になりましたが、その理数系ならではの発想と謎解きは、どれをとっても驚きです。文庫本のあとがきでは、オカルト的な内容と無粋な主人公ということを考慮されたのか「もし、ドラマ化されるときは、佐野史郎さん主演で深夜枠で」というリクエストをされていましたが、実際は、イケメンの福山雅治でドラマ化。

女性刑事の内海とのコンビネーションも良好で続編の長編小説「容疑者Xの献身」は映画化され、さらに続編の短編集二冊と長編小説「聖女の救済」を元にしたドラマの続編に加え、長編小説「真夏の方程式」も映画化されました。

しかし、やっぱりリアルな日本の探偵をモデルにした探偵小説は余りにも地味すぎて人気がでないのかもしれません。 要するにエンタメ性に欠けているのですが、調べるという仕事が重要なのでエンタメに欠けるのは当然と言えば当然でもあるのです。

もし、小説や映画の世界の探偵に憧れて実際に探偵になってみた方は、そのギャップに驚いてしまうかもしれません。 現実の探偵の私生活や業務は、お世辞にもエピソードや非日常を味わうことが無いと言えるでしょう。 ドラマチックな仕事を期待しているかたには残念なお知らせですが。

但し、世の中を知るということに関してはけっこう良い勉強になると思いますよ。 世間には非常に多くのトラブルが起こっていて、探偵をやっているとそれらを知ることができるからです。

ただし探偵としてではなく、人間として知らなくても良いような醜い部分も知ることも往々にしてあるのも現実ですよ。 非常識な現実に直面しているため人間不信に陥ってしまう探偵も少なくありません。

特に異性に関しては男性探偵は女性不信に、女性探偵は男性不信に陥ることが多いみたいですね。 やはり不倫を始めとした男女トラブルを多く目にするからなのでしょうか。

時には依頼者からそれを感じてしまうことすらあります。依頼を貰っている立場からすればかなり複雑なのですが・・・。

ページのトップへ戻る